Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog

3Dプリンターが変える医学──体内に注射できる「超小型カメラ」 ドイツの大学の研究チームが、3Dプリンターを使ってレンズ幅0.1mmの超小型カメラを開発した。注射器で体内に注入できる内視鏡やセキュリティーカメラとして応用することができるという。 シュトゥットガルト大学の研究チームが、注射器で体内に注入できるほどの小さな赤 外線暗視カメラ を開発した。研究チームによると、このデヴァイスは「数時間で設計、製造、テスト」が行えるにもかかわらず「高い光学性能と驚くべき小型化」を実現しているという。 レンズの幅は約0.1mm(100μm)で、塩の粒とほぼ同じ大きさだ。3.0mmの距離から対象イメージに焦点を当てることができ、またその画像を光ファイバーを使って中継することもできる。...

Lire la suite