Overblog Suivre ce blog
Editer l'article Administration Créer mon blog

3Dプリンターが変える医学──体内に注射できる「超小型カメラ」

ドイツの大学の研究チームが、3Dプリンターを使ってレンズ幅0.1mmの超小型カメラを開発した。注射器で体内に注入できる内視鏡やセキュリティーカメラとして応用することができるという。

シュトゥットガルト大学の研究チームが、注射器で体内に注入できるほどの小さな赤外線暗視カメラを開発した。研究チームによると、このデヴァイスは「数時間で設計、製造、テスト」が行えるにもかかわらず「高い光学性能と驚くべき小型化」を実現しているという。

レンズの幅は約0.1mm(100μm)で、塩の粒とほぼ同じ大きさだ。3.0mmの距離から対象イメージに焦点を当てることができ、またその画像を光ファイバーを使って中継することもできる。

このカメラは非常に小さいため、注射器の先端に入れて、人間の臓器や脳に注入することができると科学者たちは述べている。だが実際にこれを行うには、越えなければならない規制のハードルや実施すべきテストがまだ残っている。

クローゼットフック型小型カメラ取扱説明書

○ご使用の前に
必ずmicroSDHCカードを挿入してご使用ください。
カードを挿入していないと、動画などのデータを保存することができません。
○充電をする
PC接続で充電が可能です。
また、別売りのACアダプターをご使用頂くことにより家庭用コンセントから
充電することも可能です。
充電をする前に必ず電源スイッチをOFFにしてください。
充電中は緑ランプが点滅し、充電が終わると点灯に変わります。
○動画を撮影する(手動録画)
本体背面の電源スイッチをオンにします。
コンセント型 隠しカメラ録画ボタンを長押しすると緑ランプが点灯し、録画待機状態になります。
録画待機中に録画ボタンを1回押すと録画を開始します。
録画中はランプは消えます。
停止する場合は再度録画ボタンを押すと停止します。
○動画を撮影する(モーションサーチ録画)


本体背面の電源スイッチをオンにします。
録画ボタンを長押しすると緑ランプが点灯し、録画待機状態になります。
録画待機中に録画ボタンを2回押すとモーションサーチ録画をスタートします。
撮影範囲内に動きがあれば録画を自動で開始します。
検知範囲内に動きが無くなると約5分録画をした後、停止します。

録画ボタンを1回押すことでモーションサーチ録画を終了し
待機状態へ戻ります。

イヤホン型カメラです。お部屋に必ずあるフックは隠しカメラとしても好評のある一品です。パッと見ただけでは分からない高画質レンズを搭載しています。お部屋などを監視するために良く用いられています。送料無料で販売しております。

関連サイト

  1. http://www.mediacenterdontdie.com/pin/590/
  2. https://www.behance.net/gallery/40179025/GPS
  3. https://jooy.jp/49127

Partager cet article

Repost 0